よみがえる円形校舎、明倫AIR始まる。

カテゴリ:AIRプログラム( 2 )




Is this the Mairingtone?


奏者:明倫地区の伊田さん

8/7のお祭りの時に明倫地区の山車2台の内の1つで、太鼓と鐘を叩いてお囃子をしていた伊田さんに来ていただいて
お祭りのお囃子をメイリントーンの楽器(センベイ缶&フライパン)で再現してもらいました。

どういう山車かというとこちら→Click Here

T字型のバチでリズムを取りながら、アクセントを普通のバチでとっていきます。

このアクセントが、じつは町区の山車によって少しずつ違って、ご年配の方はその音の違いでどの地区の誰が叩いていたかわかっていたらしいです。
ということは…?

そう、これは本当に明倫の音、ということ。


この録音後は、大人も子どもも祭りの音に呑まれて雰囲気ががらりと変わりました。
この日以降、スタッフもぐわーーーっとモチベーションが高まり、一気に第一期終了を迎えることが出来たのでした。
[PR]



by meirin_de_AIR | 2010-09-02 22:11 | AIRプログラム

日本海新聞

d0182756_2150146.jpg

[PR]



by meirin_de_AIR | 2010-08-14 21:50 | AIRプログラム

アーティスト・イン・レジデンスに挑戦する明倫の人々とアーティストの日々。
by meirin_de_AIR
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

メモ帳

検索

タグ

カウントダウン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧